診療案内:うつ病(双極性障害) | 名古屋でうつ病治療はゲート内科・心療内科
Menu
当院のコンセプト 当院のコンセプト
  • Home
  • 診療案内
  • うつ病(双極性障害)
  • うつ病(双極性障害)


    うつ病は有病率の高い疾患であり、当院でも心療内科の領域では最も多く中心的に扱っています。

    「うつ病」は適格な診断で、薬物療法だけに頼らない複合的な治療が要求される病気で、まさにそのクリニックの総合力が試されるものだと考えています。
    現代のうつ病においては、初診時に「うつ」として来院される患者さんの3〜4割はうつ病ではなく躁うつ病(双極性障害)だとも言われており、その鑑別診断は極めて重要です。
    最初にいい医師とめぐり合い、代替療法も含めた的確な診断と適切な治療を提案され、主治医との信頼関係のもと二人三脚で忍耐強く克服することが大切だと考えています。

    当院では西洋医薬による薬物療法だけに頼った医療ではなく、運動療法心理療法うつ病リワークプログラム栄養療法などを複合的に活用した治療を提案します。


    うつ病によくみられる症状として、以下のものが挙げられます。

    1.気分が沈む抑うつ状態

    「悲しい」「ゆううつだ」「落ち込んでいる」「何の望みもない」など、思い悩んでいる状態です。本人の言葉や表情に憔悴した雰囲気が見られるので、周囲の人が気づく場合があります。

    2.食欲の変化や体重の増減

    うつ病では食欲低下が多くみられます。また反対に、甘いものばかり欲しがったり、過食にはしる人も見られます。

    3.物事への興味や喜びを感じられなくなる

    これまで楽しかったはずの物事に対し、関心や意欲が著しく低下します。何かをしようという気が起きず、次第に自分の世界に引きこもるようになってしまいます。

    4.集中力・決断力の低下 

    注意力が散漫になり、集中力も低下します。仕事や勉強、家事が思うように進まなかったり、出来なくなったりします。
    また決断力も低下するので、少しのことでも考えこんでしまい、何も決められなくなることがあります。「何もできない」と悲観的になり、会社を辞めたり、離婚を考えたりするので、周囲の配慮も不可欠になります。

    5.不眠症状

    寝付きが悪くなり、夜中や早朝に目が覚め、十分に休養がとれません。体が休まらないので起き上がることができず、ベッドからなかなか出られなくなります。
    また反対に、夜の睡眠が極端に長い、あるいは日中も寝てばかりで昼夜逆転してしまう症状を起こす場合もあります。これにより、規則正しい食事と睡眠がとれなくなり、エネルギーがどんどん低下していきます。

    6.動作や動きが遅くなったりする

    周囲から見てはっきりわかる程度に、体の動きが遅くなったり、口数もへり、声が小さくなったりします。日常的な動作にさえ時間がかかってしまい、本人は何とかしようと焦るもののうまくいかないということもあります。
    また反対に、強く不安を感じる為にじっとしていられず、落ち着きなく体を動かすような事もあります。(焦燥感)
    この場合は、表面的には元気に見えるので、周囲はうつ病だと気づきにくいです。

    7.強い罪悪感を抱く

    特に理由もなく過剰に自分を責めたり、誰も気に留めていないような些細なことを思い出しては、くよくよ悩んでしまうことがあります。また必要のないことまで自分の責任のように感じでしまい、「自分は要らない人間だ」と強く思うようになったりします。

    8.自殺願望

    生きていることがつらく、死んでしまった方がましだと考えてしまいます。一般的に、気分が沈みきって何もする気力がない状態では、自殺をする気力もありません。
    しかし、少し症状が良くなり身体を動かせるようになると、死にたいという感情にまかせてすぐに実行に移してしまおうとするのです。
    うつ病の治療中には、死んでしまいたいという気持ちが繰り返し湧いてきます。こういった気持ちが非常に強い時は、入院し経過を観察することも必要です。


    うつ状態は、脳がつかれ、エネルギーが著しく低下した状態になっています。まずは十分な睡眠をとり、脳や身体の負担を軽減することが大切です。

    もともと、真面目で几帳面、仕事熱心で、責任感の強いタイプの方がうつ病になりやすい傾向にあります。こういったタイプの方は、休養をとるということ自体が簡単ではない為、ますます脳が疲弊し症状が悪化してしまいます。
    いま、仕事を持っている方には、積極的に休養・休職をすすめます。どうしても仕事を休めないような場合は、仕事量や就業時間を削減して負担を軽くするようにします。また、主婦の場合は、家事を分担してもらうなど、まずは心の負担を減らすことが大切です。

    並行して、薬による治療も行います。(単極性)うつ病の場合は主に抗うつ薬が中心となります。抗うつ薬は、脳中のセロトニンやノルアドレナリンという物質の働きを高めて、抑うつ気分、不安や緊張、焦燥感を取り除くというような効果を現します。

    様々なタイプの薬があるので、漢方療法を含め一人一人の症状にあった薬を使います。双極性障害(躁うつ病)の場合は、単極性うつ病とは薬物療法が大きく異なります。
    従ってうつ病と双極性障害を適格に診断することは、その患者さんの予後を大きく左右することになります。服薬を含めてすぐに効果が現れるわけではなく、まずは1週間から3週間の期間が必要です。
    通常であれば、2ヵ月から半年くらいである程度よくなりますが、その後も服薬を続けることが必要です。
    治ったと思って服薬をやめてしまうと、症状が再発してしまい慢性化するおそれもあります。また、人によっては心理療法も有効です。医師や心理士と相談し、自分に合った薬と治療を見つけることが大切だと言えます。

    ページトップへ戻る

    電話
    とわたり内科・診療内科