Menu
ご挨拶 ご挨拶
  • Home
  • 院長ご挨拶

院長ご挨拶

この度、ゲート内科心療内科の院長という重責を任うことになりました。
これまで、独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター、及び同病院機構東尾張病院にて、心と体の診療(リエゾン精神医学)の基礎と実践を学び、様々な心の問題を抱える方々の治療にあたって参りました。
その後、複数の精神科病院、及び心療内科クリニックにおいて、心身両面に対する診療に従事する一方、企業のメンタルヘルス事業にも積極的に関わって参りました。

 

生活環境や労働環境の急激な変化にあって、我々現代に生きる者は未だかつてない厳しいストレスに晒されています。
そのような時代背景にあって、ストレス関連障害としての心身に不調を来たす疾患群はかつてない勢いで増加しております。
昨今増え続ける職場におけるうつ病、社会不安障害(SAD)、パニック障害、不眠症、自律神経失調症、更年期障害、さらに近年注目が集まっている成人期ADHDなど、心身関連疾患は複雑多岐に亘っております。
そのような困難な状態の解決の第一歩として、患者様との診療にあたっては「じっくり患者さんのお話をお聞きすること」を常に心掛け、皆様の苦痛や不調の原因をより深く理解することから始めていきます。
西洋医薬に頼り過ぎることなく、漢方治療や認知行動療法などの心理療法も含めた幅広い治療選択肢を提示することにより、皆様が安心して納得のいく治療を受けて頂けるように、誠心誠意診察にあたって参ります。
スタッフ一同、心を一つにして患者さんを笑顔でお迎えして、笑顔で帰っていただけるよう心がげて参ります。

   

どうか気軽にクリニックの"GATE"を訪れて、ご相談下さい。

ゲート内科・心療内科 院長

鷲野 良



名誉院長ご挨拶

縁あってこのたびゲート内科・心療内科の名誉院長の任をお引き受けすることになりました。

理事長の唐渡先生とは私が名古屋大学精神科教授を退官したのち、精神科病院・名古屋第一赤十字病院時代を通じて一緒に仕事をした周知の間柄です。
今回、名古屋の中心の交通至便な場所に、広域から患者さんが来院できるようなクリニックを作るので力を貸してほしいと依頼されました。

睡眠外来を担当いたしますので、不眠症・過眠症・睡眠時無呼吸症候群・レム睡眠行動障害などの睡眠障害全般のことは気楽にご相談ください。
この新しいクリニックが多くの患者さんに支持され、発展していくことを期待します。

ゲート内科・心療内科 名誉院長

太田 龍朗

ページトップへ戻る

電話
とわたり内科・診療内科